なんがでっきょんな?

雑記以外のなにものでもない



留学を考えている人に聞いてほしい、経験者が語る心構え

 目次

 

 

留学で自分を見つめる時間は増えるのか?

僕は留学に行く前、留学に行ったら自分の人生について一人でゆっくり考えられる時間が増えるなあ、なんて考えてた。留学に行きたい人でそんな事を考えている人も多いのでは?自分を見つめ直すために行くって人も中にはいるはず。

 

僕も実際にそう思っていたしね。大学時代という名のモラトリアムを1年伸ばして、自分の将来の事とか、自己分析とかゆっくりしようと考えていた、が。

  

まず全く文化も時間も言葉もなにもかもが違う環境に身をおいて、ゆっくり考えられるわけがない。毎日が新しい事の連続。それらに対応する事でいっぱいいっぱいの毎日。でもそれで良い。腰を据えて考えるよりも、むしろ自分の考え方や将来のビジョンをどんどん外に晒しちゃってほしい。

 

 

日本人と違ってどんどん突っ込んでくる

外国の人はどんどん突っ込んで質問してくる。「なんでそう思うの?」「なんでそうなるの?」「どうしてそれをしたいの?なんの意味があるの」めちゃめちゃ聞いてくる。それはもうウザいくらいに(笑)

 

僕の経験上、フランス人は半端なく聞いてくる。ついでアメリカ人(語学学校の先生は特に)気がつけば自分の将来についてとか話す機会が日本にいた頃と比べると段違いで増えていた。ただ、その中で少しずつ自分の考えが変わったり、固まったりした。

 

ある意味で自分を見つめ直したと言えるが、それは内に篭って考えるというよりも、考えをアウトプットすることによって変わったのだ。

 

 

多様な考え方に磨かれる

 当たり前ですがバックグラウンドが違えば考え方は違ってくる。ましてや生きてきた文化がまったく違うと、全然理解ができない考え方と出会うだろう。様々な人種と出会う留学先では尚更。その時に「なぜ自分はその考えを理解できないのだろう」とか、「なぜ好きor嫌いなのだろう」と考えて自分の考え方と比べてみる。そうすると自分の考え方をより色濃くできるし、相手のいいと思う考え方を盗む事ができる。そうしながら自分の考え方を強化していくのだ。

  

留学先では静的に自分の将来の事とか、考え方とか、自己の事とかゆっくりと一人で考える暇はない。もしあるのならば、その時間を自分と違う文化背景を持った人と話す事に使って欲しい。そうする事によって自分の内部を揺さぶり、動的に自己を確立する事ができるからだ。

 

 

留学をする目的って絶対に必要なのか?

留学をする際に「目的をもて!」と言われること結構経験あるんじゃないだろうか?
 
 
実際、習得する言語を選ぶとき、留学先を選ぶときには「なぜ行くの?目的は?」と聞かれるし、明確な答えを求められると思う。そういうことを聞かれるうちに明確な理由、目標がないと留学に行ってはいけないような気持ちになってくる。
 
 
しかし、特に学生のうちに明確な目標を持つことは難しい。
 
 
なぜなら若いうちは選択肢が沢山ある。なので迷うのは当然。自分の中に指針がない、ぐらついてるなんて珍しくもなんともない。
 
 ただ人生が見えてきた人、特に大人は、若い人に目標を求めてくる。それは人生を迷ってきた先輩たちの優しいお節介でもある。もちろん自分の目標について考えるのは大事なことでだが、あまり悩みすぎないようにしよう。
 
まずは目標をしっかり持つことよりも、留学に行きたい!という気持ちを大事にして欲しい。友達や知人に「なぜ行くの?」と聞かれた時も明確な理由を答える義務など存在しないし。ましてやちゃんとした理由を作る必要など全くない。
 
 
 「行きたいから行くねん」とはっきり答えてあげよう。

 

 

留学で自分を変えられる?

留学に行って海外の空気に触れて、いつの間にか自分が全く違う自分に変わる・・・そんな期待をして留学に行く人、結構いるんじゃない?海外に自分を変えてもらう、って心構えね。それは少し、違う。

 

変わらない部分をもっと大事にして欲しい

変わることも大事だけど、留学に行って全く違う環境になっても自分の中で変わらなかったモノを見つけて欲しい。それが、世界のどこに行っても発揮される貴方の強み・魅力になるからだ。変わることだけじゃなくて、変わらなかったモノをもっと大事にして欲しい。

 

僕は留学に行く前に期待していたことに「自分の中で環境が変わっても変わらなかった部分を見つける」があった。実際に見つけられたし、日本に帰ってもその強みは発揮されている。

 

加えるなら、自分の中で変えたくないモノを持って留学に行くのもいい。例えば「時間は絶対に守る」とか「絶対にイベントには参加する」「飲み会は断らない」でもいい。自分が持っている信念やルールを留学先でも守ってみて欲しい。それが今後の人生において武器になり魅力になるなずだ。

 

 

留学で人生は変わる

留学に行くと、人生は絶対に変わる。なぜなら選択肢が変わるからだ。留学に行く前、僕は海外で働きたいと思ったことは一度もなかった。しかし留学を経て、今は海外で働きたいと思っているし、実際に海外勤務の多い会社に内定が決まっている。僕の人生において「海外で働く」という選択肢が新たに増えたのだ。だから、僕の人生は留学によって間違いなく変わったと言えるのだ。

 

 

 

経験者の感じたことをツラツラと書いたけど、もしこれが偶然、留学を考えてるor最中の人の目に止まって、留学とは何かを考える一助になれば凄く嬉しいな。

 

 

f:id:sukiyaki3205:20161126060919j:plain

留学先のサンフランシスコで撮ったお気に入りの一枚