なんがでっきょんな?

雑記以外のなにものでもない



読書好きにオススメする「華氏451度」

f:id:sukiyaki3205:20161228230401j:plain

 

レイ・ブラッドベリの華氏451度が非常にオススメ。
この本は、すべての読書好きを応援する、最高の海外SF小説だと言える。

 

ポイント
◯海外産SF小説
◯読書好きに非常にオススメ
◯内容に現代社会に対する批判的な表現あり

 

「華氏451度」は1953年に書かれた海外のSF小説。僕はこの本を特に、読書好きの人にお勧めしたい。
この本は「なぜ本を読むべきなのか?」を物語を通して訴えかけてくる。読書を哲学し、現代を皮肉るような内容の物語。
そして、世の中の読書好きを勇気付けてくれる小説だと思っている。

 

盛大に風呂敷を広げてしまった感はあるが、ぜひ読んでもらいたい。

あらすじ

この本の大まかなあらすじ。

舞台は、本が禁制品となった未来。主人公は隠匿された本を燃やし尽くす昇火士(ファイアマン)の一人。彼は仕事に誇りを持ち、燃やすことに対してある種の快楽を感じていた。しかしある晩、一人の少女との出会いが彼を禁忌の本へと興味を向けさせる・・・。


あらすじを読む限りはありきたりのSF小説という感じで、少女との出会いとか「それなんてラノベ?」って感じだよね。でもそれで舐めてかかると、痛い目を見る羽目になる。ゴリゴリのSF小説で、表現は海外文学を匂わせる。だから、海外文学を敬遠している人にはあまりお勧めできないかもしれれない・・・。

印象に残った言葉

この本の中で印象に残った言葉が二つある。たくさんあるが全て書くと冗長になる。特に心に残ったものを抜粋した。

”本はちょっと待ってなさい”といって閉じてしまえる。人は本に対して神のように振る舞うことができる。しかし、テレビラウンジに一粒の種をまいて、その鉤爪にがっしりとつかまれてしまったら、身を引き裂いてそこから出ようとする者などおるかね?テレビは人を望どおりの形に育て上げてしまう!

 

本の良いところの一つが、自分のペースで情報を得て、考える時間を確保できるところだ。だからじっくりと向き合うことができる相手で、本は良き友にもなる。一方で、ネットやテレビは目まぐるしく情報が入ってくる。情報量は凄まじいモノがあるが、その処理に人間はついていけてないように思う。

モンターヴ、国民には記憶力コンテストをあてがっておけばいい。不燃性の、国民がなんと”輝かしい”情報収集能力を持っていることか、と感じるような”事実”を詰め込むんだ。そうしておけば、みんな自分の頭で考えているような気になる。


本を禁止した人(組織?)は国民が自分の頭で考えることを恐れた。だからテレビなどを通して役に立たない情報をどんどん詰め込んで、あたかも、自分はよく考えていると思わせるようにしたのだ。これって、現代社会でも通じるところがあるように思えるのは、気のせいではない。

感想

読後、こんな文学作品を読んでみたかった!と思った。非常に巧く現代を風刺していると思う。確かに現代ではテレビやインターネットからものすごい勢いで情報を詰め込まれ、自分で考える余裕がない。学校だって、知識を詰め込む場所になりつつあった時代がある。その点を上手に風刺し、読書の大切さを訴えていた。

本の中の情報(文章)には余白がある、自分の時間を確保する余地がある、だから考えながら・情報を選び取ることができる。読書の良さは確かにそこにある。

下手な読書の方法論や自己啓発本を読むよりも断然、「華氏451度」を読む方が読書のモチベーションが上がる。