なんがでっきょんな?

雑記以外のなにものでもない



学生のうちに社会人に会っておくべきなのか

社会人と関わっておくとお得です

学生のうちに、たくさん社会人と関わる機会を持ちなさい。

という意見を一度は耳にしたことがあるとはずです。
その意義として、学生では得られない視点に気づける
的確なアドバイスをしてもらえる、などがあり
一番の理由としては就職活動に役立つというものまであります。

僕の経験上、その全ては当てはまっていると思います。
社会人と関わる機会を学生のうちに持っておくことは
良い経験になります。また就職活動をする上でも、
目上の人とのコミュニケーションの取り方を身につけておくことは
非常に強みになります。

学生のうちに社会人と関わっておくと、お得なことはたくさんあります。

人脈病には気をつけよう


社会人と関わりを持つことは非常に意義のあることです。
しかし、社会人と出会うことが目的になってしまうのは良くないことです。
特に、社会人と出会うだけのためにイベントに参加することは本末転倒です。
人脈の多さが、経験の多さとイコールで結ばれるわけではありません。
あくまで、お互いの共通の興味などのベースがあった上での関係性作りが重要です。

また、セミナーに参加すること、何かのイベントに参加することを人脈作りの場としてしか
考えないことは、相手にとっても自分にとってもプラスにならないでしょう。


最近、そういった人脈作りに終始するようなタイプの学生を
意識高い系と揶揄する傾向があるようです。
多分、僕もそんな風に思われていた時期があると思います。

僕は、社会人と関わりがあることが良いこと、だと考えていた時期がありました。

友人のある言葉が胸に刺さった


社会人との関わりが多いことが良いことだと考えていた自分に、
友人のある言葉が強く、胸に響きました。


その言葉はある学生団体での、卒業の際の挨拶で言われた言葉です。

その団体は学生同士の交流のイベントを企画するような団体でした。
僕は団体に所属していたものの、学生同士の交流は冷めた目で見ていました。

その言葉を発した友人も、勝手に自分と同じ考えを持っていると思いました。
しかし、反対に、自分とは全く考え方を持っていました。

友人は最後の挨拶で

「学生の内しか学生と関わることができない」

といったのです。至極、おっしゃる通りだ、と思いました。
社会人になると、基本的には学生と関わる機会はぐっと減ります。
社会に出ると、社会人としか話すことがほぼ100%です。

そう考えると、学生と話す機会って、自分が学生の内しかありません。
そんな当たり前のことを、友人の口から聞いて初めて意識しました。


その言葉を機に、社会人よりも学生と関わろうとか、そういった行動はとりませんでした。
それよりも、その当たり前の視点が欠けていたことに、衝撃を受けました。



あなたは、どうでしょうか?
学生と関われるのは学生の内ですよ?