なんがでっきょんな?

雑記以外のなにものでもない



商社に勤める社会人が思う、貿易実務検定C級は仕事の役に立つのか?

f:id:sukiyaki3205:20180527203705j:plain


私は現在、青果物の輸入、販売を行っている商社に勤めています。


業務としては営業を主に行っており、貿易関係の業務に直接かかわっているわけではありません。主に、国内の販売を行っているため、英語を使用する機会もありません。


私は、入社前に貿易実務検定のC級を受験しており、合格しています。会社のお金で受けた試験であり、会社の人事部から入社して役に立つから、という理由で受けさせられました。

www.whateverboy.com

www.whateverboy.com

試験自体はごく基本的な知識を問うもので、要領のいい人や、貿易に関係する勉強を大学で行ってきた人なら、労せずに合格できるレベルです。

さて、こんあ貿易実務検定ですが、実際の貿易をおこなている商社の仕事では役に立つのでしょうか?

営業職では必要無いでしょう

結論から言いますと、営業職には必要の無い資格といえるでしょう。貿易の知識を持っていることに越したことはありません。しかし、貿易の知識よりも、商品自体の知識や、英語の技能を伸ばした方がより、自分の将来にプラスになるでしょう。

私も、普段の仕事で貿易実務検定で得た知識を使う機会は少ないです。社内での輸入〜販売までの業務の流れ、ものの流れを理解することに役立ちましたが、それくらいのものです。むしろ、国内営業と言えども、英語に関する資格のほうが役に立っています。

貿易実務検定は、営業職から、貿易関係の事務職や処理を行う部署に異動したいのであれば、有効な資格となるでしょう。

貿易に関わる事務職では必須と言えるでしょう

一方で、貿易関連の事務を行うのであれば必須ともいえるでしょう。私も新人の頃に貿易に関する事務を少しお手伝いしました。その時に貿易実務検定で得た知識が非常に役に立ちました。

一つのワードを知っていると、知っていないとで全く仕事の捗り方が違います。

もし、自分の入社後の配属先が貿易と密接に関わっている部署であったりする場合には、貿易実務検定を受験して、資格を得る意義はあると思います。

優先順位は高く無い資格

資格の習得を、役に立つ、立た無いでのみ考える必要はありませんが、せっかく自分の時間を投資するのであれば、より将来の役に立つ資格に時間を費やしたいですよね。

貿易実務検定は、貿易に深く関わるような部署であるならば優先順位の高い資格とも言えます。
しかし貿易を行っている会社の中でも、営業職や貿易に直接関わら無いような部署で働いているのであれば、特別必要とはい無いでしょう。

貿易を行うような会社で勤めているのならば、英語の能力を伸ばすことのほうが、より将来に役に立つでしょう。他業種に転職した場合も、英語の技能は活かせるでしょう。幅広い業種で役立てるという意味では、簿記検定もオススメの資格です。